溶接から機械加工まで、一貫生産体制で短納期を目指す

技術紹介

製缶加工

製缶加工
鈴和製作所はもともと、鉄・ステンレス・アルミを中心とする材料を使用した各種製缶加工をメインの業務として行っていました。製缶加工では、鉄などの金属の厚板から、部品として複雑な形状をいくつも切り出し、それらを曲げて互いに溶接することで立体的な構造物、主にプラントやタンクの製造など缶状の金属容器を製造します。長年培った技術とノウハウで、皆様のご要望にお応えします。

板金加工

板金加工
弊社では板金加工部品の製作もしています。板金加工では中肉〜高厚板を切断、打ち抜き、曲げ、溶接加工して、産業機械・自動車・家電製品などの多種に亘る各種部品を製造しています。

形状については、図面等の資料をいただければお見積もりいたします。また、図面がない場合も仕様内容を確認させていただき図面等を作成することも可能です。量産も問題なく対応いたします。形状などが難しいものや納期などでお困りの際は、ぜひ一度ご相談ください。

機械加工

機械加工
弊社で今、最も力を入れているのがこの機械加工です。マシニングセンターには、大きく分けて立型と横型があり、ワークを削る主軸が鉛直方向のものを「立型」、水平方向のものを「横型」と言いますが、弊社で使用しているマシニングセンターは立型のもので、テーブルあるいは刃物を前後,左右,上下方向に動かして材料を加工していきます。立型マシニングセンターは一面当たりの切削量が多い場合に有効で、板材の加工にも利点を発揮することができます。弊社に備えてあるマシニングセンターは立型で最大級のものです。

溶接加工

TIG溶接
弊社では主にTIG溶接(アルゴン溶接)とCO2溶接を行っています。TIG溶接の利点としては、アークによる母材の溶融操作と溶加棒の溶融操作が独立して行えるので、溶込みや溶着量の調整が容易であることや、不活性ガスによるシールドを十分行えば大気による溶接金属の酸化・窒化を防ぐことができること、スパッターの発生がなく、ヒュームの発生が少ないことなどが挙げられます。TIG溶接・CO2溶接とも溶接のみのお仕事にもご対応しておりますので、ご注文の方はお問い合わせください。

一貫体制でお引き受けします。

弊社では上記のように、製缶加工や板金加工だけでなく、溶接を付随した一貫生産を行っております。特に機械加工から溶接仕上げを行えるのが強みです。また、近隣の工場ネットワークにより、塗装・メッキ・焼入れ等を施してからの一貫生産体制を行っております。これにより納期的にも融通を利かせることができ、お急ぎのお客様の手間を省くことができます。お困りの方はお気軽にご相談ください。